【THE BONEZ】配信ライブでの再始動を観た-Speak True-

 

2020.07.23に配信された【THE BONEZ】-Speak True-Documentary + Liveを観ました。

生で見ましたが、ドキュメンタリーで泣かされ、ライブでテンションが上がり、ライブ後のサプライズまで最高でした。

 

SiMのMAHがこうツイートしてますが、同意しかない内容でした。

ネタばれありますので、知りたくない人は見ないようにして下さい。

\THE BONEZの曲も聞き放題/
☆30日間無料☆
<<amazon music unlimited>>

チケット

配信のチケットは3種類。

①3000円

②4000円(バンドサポート\1000)

③5000円(東北ライブハウス大作戦サポート\2000)

2020.07.30までのアーカイブ配信され、期間内であれば何度も視聴が可能でした。

 

Documentary-ドキュメンタリー

The BONEZ

「やっぱりこいつらと音を出したいと思った。」TS$YO$HI

「自分の惚れた奴らとやるのがバンドだと思ってる。俺たちはやるよ。」ZAX

「俺はひとりで考えてたし、自分で答えを出さないといけないと思ってた。」
「今まで通りではないけど、一歩つづ進んでる。」JESSE

2019.07.13 ZEPP FUKUOKAのライブを最後に止まってしまった「The BONEZ」。これがくしくもGt.NAKAの最後になった。

理由は、2020.07.19JESSEが大麻取締法違反容疑で逮捕された為、12月に予定されてたラストライブがなくなってしまった。(NAKAの脱退はJESSEの逮捕以前から決まっていたので逮捕とは無関係)

ラストライブのレポはこちら

2019.12.22に発表されたNAKA脱退ツイート。

NAKAは抜ける事が決まってたが、次のギターの候補も決まってて、TVへの露出や大きい会場へのチャレンジ等々バンドとしていい状態で、前向きに進んでいただけに大きなブレーキになってしまった。

T$UYO$HI

NAKAの脱退はまだ、発表されてないけど抜ける事が決まってるし、JESSEは逮捕される、マイナスのニュースばかりで「なんとかしなきゃダメだ」と考えたツヨシは、DragonAshのサポートで客の前に立つことを決めた(KenKenの逮捕でベースがいなくなった)ツヨシは「人から見たら器用にポイポイしてるようにみえるけど、簡単じゃない」

このツイートは2019.11.18にされた久々に明るい報告だった。

DA一発目が1週間後のオガフェス。男鹿フェスの2日前にZAXの魚屋行って、名目は”用の丑の日のウナギを買いに行く”「かんちゃんおれ行ってくるね」と言い、手を出させ、ライブ前に円陣を組んで気合を入れる「点取られても取り返すwe are the bonez」をやる。

T:「手出せ」
T:「点取られても」
Z:「取り返せんのかな俺ら…」
T:「何言ってんだよ、取り返すんだよ。」
魚屋のフロアでw are thr bnezってやったよ。「俺はDA行ってくるけど、お前と同じだぜ」って思いををZAXに伝える。

ZAX

ZAXの「ツヨポン俺たちまたか…やっとバンドがいい感じになってきたらこうなって…」「怒りもあったけど、悲しかった」くらいまでは想像できたが、まさかドラムやバンドまで辞めようと思ってたとは。

ZAXは2年位前から誘ってもらってたが、自信がなくて断ってた、Charのライブにスタッフ・メンバーに背中を押されてやる事を決めた。
Jが捕まって、ドラムもやめようと思ってた、人前に出るのがしんどいって思ってた。
そもそもタイミング的にChar(JESSEの父)さんに面倒見てもらってるって、見られ方も嫌やったけど、頑張ってすごく良かった。

音楽をやる事で自分が正常でいれる。

JESSE

中に入ってる時に刑事がDragonAshのサポートをしてるイッシーの写真を見せてくれた。

ZAXが出てるオヤジの中野サンプラザを観に行って泣いた。ちゃんと俺がフロントマンでZAXに前に立つVo.は俺で胸を張らしてやりたいって思った。

2020.01.18
3人で、初めて3人だけでスタジオに入った時は、2人にバレないように泣いた。

re:Birthツアー

2020.03.23に2020.05.10から始まるre:Birthツアーが告知された。

延期にはなってしまったが、最初はワンマンツアーって決めていた。フェスもイベントもその後だと。

サポートのギターはオーディションで決めた。

LIVE-ライブ-

LIVE

40分ほどのドキュメンタリーの後に始まったライブは、猪苗代湖畔で2020.07.13に撮影されたものだった。

ああ、それでチケットに東北ライブハウス大作戦サポートがあるんだと納得。

ライブの開始直前、円陣を組んだ4人。

「点取られても、取り返す、we are the bonez!」

円形に配置された4人のセット、ギターの顔は絶妙に見えない、いや見えても誰かがわからない。

曇り空の中、JESSEが一礼してライブがスタート。

「untill you wake up」の歌詞をuntil we wake up に変えて始まる。

「bird」の後にメンバー紹介で、ZAX・T$UYO$HI・KOKIが紹介される。コーキって誰やねん!?って思うもライブは続いていく。

「Rude boy」の次はギターを置いたJESSEが”お手を拝借”からの「Louder」と加速していく。

うたつなぎでちら見せした「Broken car」を初披露。

このうたつなぎcoldrainのmasatoから受けたバトンを、age factoryエイスケとサバプロのYOSHに回してるのもたまらない。

2020上半期ベストアルバムTOP3

MCでは涙を抑えるJESSEにグッとくる。

「Remember」でしっとりとした後は、「Nice to meet you」でボルテージを上げていくライブ。

「Place of fire」ではダイバー大量発生!!と言いたいが、観客は無し。

切り替わった、映像では焚火がともされている。

MCからの「Leaf」、夕焼けに揺れる焚火が美しい「Suntown」。

「Thread & Needle」ではシングアロングを促すJESSE。

最期の曲は「Friends」あれっコーキのギターNAKAのか?

日暮れと共にライブ終了。

セトリ

【THE BONEZ】-Speak True-Documentary + Live【復活配信ライブ】

1.Until you wake up
2.Bird
3.Rude boy
4.Louder
5.Broken car【新曲】
6.Remamber
7.Nice to meet you
8.Place of fire
9.leaf
10.Suntown
11.Threadc & Needle
12.Friendsen.Hey,you

 

アフターライブー生配信ー

ライブ後に告知のなかった生配信で4人が登場。

JESSEの髪型がKに見えたのは、私だけではないだろう。

この猪苗代のライブでは、猪苗代ソーラー武道館で使われている、ソーラー電源が使われているそうだ。

延期してるツアーのキャンセルの件が語られる。

ライブができない、来年に延期したらできるのか?キャパを減らして3蜜を避けてやればできるのか?2回入れ替え制にするのか?チケットを持ってる人で抽選にするの?いろいろ考えて決めかねている。

新ギタリスト

「TEARS OF THE REBEL」のKOKI。

ツヨシが若い時にやっていた「drug store cowboy」のメンバーが所属するバンドみたい。

なんだかんだ繋がっててるんだな。

男臭いイメージがボーンズのカラーにあってるロン毛の男前。

アンコールもあり!

渋谷のライブハウス「THE GAME」からの30程の生配信だったようで、ステージに移動した4人が移動。

音割れまくりの「HEY、YOU」の1曲だけ。

曲の最後にJESSEが「THE GAME NOT GAME OVER!!」は営業ができずに苦境に立たされているライブハウスへのリスペクトを感じた。

【We stand strong together we are one】のテロップで終了。

エンドロール

BONERから投稿された写真が流れる。

投稿しようと写真を用意してたけど、メールを見逃してて、短期間の募集が終わってた…(冒頭の写真がそれです)

最期に

2019.07.13に止まってしまったボーンズは、ちょうど一年後の2020.07.13に猪苗代湖畔での配信ライブで復活した。もっと前に収録される予定だったが、たまたま天気の都合でこの日になったそうだ。

最高の天気で幕をおろしたライブは、JESSEも言ってた通り「ロックの神様に愛されてる!!」んだろうな。

配信後の22時から行われた受注物販、買っちゃうよな~。

エコバックは速攻で売り切れだった…。

\THE BONEZの曲も聞き放題/
☆30日間無料☆
<<amazon music unlimited>>
最新情報をチェックしよう!