THE THORで最初に導入しておきたい必須プラグイン10選

THE THORをインストールしてみたけど、プラグインも必要なの?
プラグインは、ワードプレスをもっと便利にしたり、もっと使いやすくするための外部アプリみたいなものです。今回は、THE THOR(ザ・トール)でワードプレスを初めて始めた方に、導入しておきたい必須プラグインを紹介するよ。
必須プラグイン
・Customizer Export/Import
・WP Multibyte Patch
・Google XML Sitemaps
・Akismet Anti-Spam
・Broken Link Checker
・EWWW Image Optimizer
・Classic Editor
入れてると便利なプラグイン

WebSub/PubSubHubbub
backWPup
AddQuicktag
WP User Avatar
プラグインのインストールって難しいの?
とても簡単なので、写真で説明しますね
まずは管理画面から、プラグイン→新規追加を選択
プラグイン→新規追加をクリック
キーワードでプラグインを検索します。
キーワードでインストールしたいプラグインを検索
欲しいプラグインが見つかれば、今すぐインストールをクリックする。
今すぐインストールをクリック
インストールが終了したら、有効化しておきます。
有効化をクリック
簡単だー

 

ザ・トールに必須のプラグイン

Customizer Export/Import

THE THORのユーザーは、最初に必ず入れるべきプラグインです。

トールではデモサイトからスタイルをダウンロードすることで、誰でも簡単にかっこいいデザインに仕上がります。

そのデモのスタイルを導入するのに必要になってきます。

逆に、スタイルが決まってしまえば不要になるプラグインなので、停止させておいてもいいでしょう。

WP Multibyte Patch

ワードプレスは基本的に英語で作成されてますので、日本語で運用すると文字化けを起こすことがあります。

その問題も、このプラグインを導入することで、解決できます。

全てのユーザー必須です。

Google XML Sitemaps

THE THORにはサイトに訪れた人用に、サイトマップを簡単に作成できる機能は装備さててます。
しかしながら、検索エンジン用のサイトマップを作成していないと、「Googleに認識されずに検索に出てこない」ので、
このプラグインを使って、必ず作成しておきましょう。

Akismet Anti-Spam

ワードプレスをインストールしたら、最初から入っているプラグインです。

[Akismet Anti-Spam]を設定しておくと、迷惑メールやコメントを自動で振り分けてくれます。

「有効化」しただけでは使用できないので、確実に設定しておきましょう。

Broken Link Checker

このプラグインを有効にしておくと、リンク切れになったページの通知をしてくれます。

自分のサイトのページが増えてくると、全て管理するのは難しくなって切るので、非常に役に立つプラグインです。

[Broken Link Checker]は有効化しておくだけで、勝手に働いてくれますよ

EWWW Image Optimizer

サイトの読み込みが遅いと、訪問者の離脱率が高くなります。

この、要員のひとつに「画像の読み込みに時間がかかっている」ことがあげられます。

[EWWW Image Optimizer]のプラグインを使って、画像を圧縮して、サイトを軽くすることができます。

圧縮しすぎると画像が悪くなるので、注意は必要です。

Classic Editor

Wordressが5にアップデートされ、Gutenberg(グーテンベルグ)というブロックエディターの編集機能に変更されました。

以前の、エディターがとても良くできていたので、新しいエディターは「使いにくい」と言う声が多いです。

そこで、この[Classic Editor]といプラグインを使う事で、以前のエディターと同じように使えます。

このプラグインのサポートが21年12月までですので、新しいエディターに慣れておく必要もありそうです。

 

ザ・トールに入れると便利なプラグイン

WebSub/PubSubHubbub

作成した記事をグーグルに、登録してくれるプラグインです。

読めない・・・
「ウェブサブ・パブサブハブバブ」ですね
[WebSub/PubSubHubbub]は有効化しておくだけでいいので助かります。

 

backWPup

サイトを運営していると怖いのが、サイトのトラブルです。

[BackWPup]を使うと、何かトラブルが起きても、バックアップを取っておき、元の状態に戻せるので設定しておくことをおススメします。

日・週・月など選べるので、アクセスの少ない夜中にバックアップを取るように、自動設定しておくといいでしょう。

AddQuicktag

HTMLやCSSで作ったデザインパーツを、簡単に呼び出すことができるので、記事作成がとても楽になるプラグインです。

トールには最初から、いくつかのデザインが装備されていますが、

[AddQuicktag]を使ってパーツをカスタマイズしておくことで、記事作成の時間の短縮ができます。

そこまで、デザインにこだわらない人には不要でしょう。

WP User Avatar

プロフィールの写真を設定しようと思ったけど、Gravatarというのが面倒そうで・・・
自分では難しい事を助けてくれるのが、プラグインのいいとこでもあるので、取り入れていいと思います。

 

THE THORに不要なプラグイン

SEO対策・キャッシュ系・お問い合わせフォーム・目次・サイトマップ自動生成これらは、トールに装備されているので不要です。

他にも相性の良くないプラグインもあり、誤動作の要因になるので、入れ過ぎには注意しましょう。

 

まとめ

プラグインは非常に便利である反面、入れ過ぎると、

サイトが不具合を起こしたり、

遅くなってくるので必要最低限にした方がいいでしょう。

おさらい
必須プラグイン 入れてると便利なプラグイン
Customizer Export/Import WebSub/PubSubHubbub
WP Multibyte Patch BackWPup
Google XML Sitemaps AddQuicktag
Akismet Anti-Spam WP User Avatar
Broken Link Checker
EWWW Image Optimizer
Classic Editor

THE THOR(ザ・トール)はこちらから

※クリックでページに飛びます

10選じゃなかったの…11個あるよ….
 
最新情報をチェックしよう!