会社員の副業がバレてしまう4つの原因と会社バレを防ぐには?

URLをコピーする
URLをコピーしました!
くんくん

副業をしているのが会社にバレるとマズいんだけど…

kunkun

この記事で解説する事を守っていれば会社バレする事はありませんよ。

  • 副業禁止の上場企業勤務サラリーマン
  • 試した副業は多数あり
  • 副業を続けていても会社バレなし
  • 副業やお金にまつわる情報を共有中
  • 自分のお小遣いは副業で捻出💪
kunkun

この記事は2分で読めますよ

目次

会社員の副業がバレてしまう4つの原因

副業がバレる原因

副業で収入が増えた時に何も対策をしないと会社にバレてしまうという事態に陥ります。
副業がOKの会社なら問題ありませんが、禁止されている会社に勤務している方は憶えておきましょう。

①確定申告をする

副業収入が年間20万円を超えると、確定申告が必要になってきます。

月々2万円でも年間24万円とすぐに超えてしまうので確定申告は必須です。

くんくん

確定申告しないとどうなるの?

kunkun

必要な確定申告をしていない場合は”脱税”になり法律違反です。

経理の知識のない人が自分で確定申告するのは難しいので、クラウド会計ソフトを導入しましょう。

クラウド会計ソフト

正直に言って、しっかりとした知識がない限り、ほとんどの人は会計ソフトがないと確定申告は無理です。

やよいの青色申告オンラインなら大で65万円の控除を受けられる青色申告の書類を簡単に作成する事ができます。

kunkun

初年度は無料なので副業収入がなくても始めやすいですね。

青色申告ですと月々5万ほどの副業収入なら非課税で済みますので、青色申告に必要な個人事業主としての開業届けも提出しておきましょう。
開業届けは『開業freee』を使うと無料で簡単に作成できます。

副業収入が大きくなってきたら、法人化などの税金対策の相談を兼ねて税理士にお任せする事を検討しましょう。

②副業分の税金の納付は自分で行う

会社に副業で稼いでいることがバレてしまう原因は住民税にあります。

税務署から会社に通知される住民税が他の社員よりも多い時に、会社は副業などで収入を得ていると気付きます。

くんくん

対策はないの?

確定申告の時の書類に「給料から差し引き」ではなく「自分で納付」にチェックをすればいいだけです。

kunkun

簡単ですね

③給料をもらうアルバイトなどをしない

アルバイトなどでもらう給料所得では自分で税金を払う事が出来ず、会社から天引きされてしまうケースがほとんどです。

副業禁止の会社員が副業で行う方法とすればお勧めできませんが、即金性が高く確実なので副業OKの人にはお勧めできます。

④副業していることを話さない

誰かに話してしまってバレるのが一番多いパターンです。

副業で月数万円を稼げるようになると、ついつい誰かに話したくなります。
話すつもりがなくても、飲み会の席で口を滑らせてしまいバレてしまう事もあるので気をつけましょう。

まとめ|会社員の副業がバレてしまう原因

最期

給料をもらうアルバイトを副業とせずに、正しく確定申告を行えば副業をしていることが会社バレすることはありません。
副業での収入が大きくなると、ついつい誰かに自慢したくなりますが、しっかりと自重して、うっかり口を滑らせてしまわないようにしましょう。

kunkun

おさらい!

・確定申告をする
・副業分の税金は『自分で納付』にチェックを入れる
・給料をもらうアルバイトを副業にしない
・副業していることを話さない

おすすめの副業を見に行く!

\自分にピッタリの稼ぎ方を探してみる/

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる