ドリームキラー【あなたの夢は否定される】親・恋人・友人に。

あなたが進路を決めた時、何かやりたいことを見つけた時、夢を語った時に「そんなの無理に決まってる」「あなたには出来ない」「そんな夢は叶わない」などと言われたことはありませんか?その言葉をあなたに投げかけた相手がドリームキラーです。

そんな相手に対峙した時に、対処方を知るだけであなたは夢に一歩近づけます。何も始める前から夢を壊されない為にも対処方を憶えておきましょう。

 

ドリームキラーとは?

簡単な英語で直訳すると「夢殺し人」とかなりダークな印象になりますね。

あなたの目標や夢にネガティブな言葉をかけて妨害してくる存在の事を「ドリームキラー」と言います。

このドリームキラーには2種類のタイプに分類されます。

悪意のドリームキラー

友人・同僚などに多いタイプで、悪意を持って攻撃してきます。

あなたが「転職してより条件のいい所で働きたい」と言うと「お前なんかには無理だ」「お前程度が頑張っても無駄」と否定してきます。これは自分と一緒のコンフォートゾーンで同類と思っていた人間が、上を目指そうとすると、嫉妬からこのような発言をします。自分の持っている価値観が否定される恐怖感も見られます。

善意のドリームキラー

親・恋人・先生などに多いタイプです。

このタイプの人たちは本当にあなたの事を心配してくれています。【いい人】でありあなたの為と思い助言してくれているので厄介です。

あなたが夢を語るときっとこう言われるでしょう「あたなの為を思って言っている」「やめておいた方がいいと思う」とかです。

 

対処法

あなたが遭遇するドリームキラーに対する対処法を知っておきましょう。

悪意のドリームキラー

このタイプに対しては関わるのをやめましょう。

そもそも、あなたの夢を話す必要もありませんが言ってしまった場合は「あれは冗談冗談」とか「そんな考えもありますね」とか適当に返事しておけば構いません。本音はあなたの心の中にしまっておきましょう。

あなたが夢を否定されたら「これは自分にしかできない事なんだ」と誇りを持ちましょう。

善意のドリームキラー

このタイプには金銭的だったり、時間の作り方だったりと応援して欲しい場合もありますよね。大学に行くのにも学費や勉強の時間などが必要になってきますので。

ではそもそも、なぜ身近な人が善意のドリームキラーになってしまうのでしょうか?

①あなたの能力不足かも知れません。

成績が悪いのに東大に入りたいと思ってませんか?「それは絶対に無理だ」と思われています。

徐々に力をつけて結果で提示できるようになりましょう。

②実はあなたの為など思っていません。

人間は不安や恐怖を受けると、そこから距離を置こうと行動します。しかし一方で心の落ち着く場所に身を置くと動かなくなります。

その落ち着く空間の事をコンフォートゾーンといいます。友人に自分と似た人が多いのもこのコンフォートゾーンが関係あります。

人はみな現状維持を望んでいて、大きな変化は起こらない方がいいと無意識で考えいます。

これを現状維持マインドと言います。

あなたが身近なドリームキラーに言葉で説得しようとするのは得策ではありません。あなたの努力で夢に近づいている姿を見せることで、徐々に相手のコンフォートゾーンを広げていきましょう。大きな変化を嫌う人に対しては少しづつ変化してもらい理解を得る事が必要になってきます。

身近な人ほど感情で訴えかけてくるし、あなたも「どうしてわかってくれないの?」などと言いたくなりますが、「○○○しようと思います」という宣言だけして、背中で見せましょう。

5つの否定的な問い

ドリームキラーによる批判とは、以下の5つが多いそうです。

能力の否定:「あなたに出来るわけがない」
コストの否定:「お金はあるの?」
モチベーションの否定:「どうせ最初だけでしょ」
タイミングの否定:「今さら始めたって遅いんじゃない」
価値観の否定:「意味ないことやってもしょうがないよ」

この5つのタイプの質問に反論できる答えを、持っておくとドリームキラーに対峙するのが楽になりますよ

 

例えばあなたがカフェを始めたいなら

「あなたに出来るわけがない」⇒「料理も経営も勉強したから心配しないで!」
「お金はあるの?」⇒「銀行と相談してるから問題なし!」
「どうせ最初だけでしょ」⇒「ずっとやりたかった事だから、簡単に諦められない!」
「今さら始めたって遅いんじゃない」⇒「何かを始めるのに遅すぎる事はないよ!今日が人生で一番若い日だよ!」
「どうせ借金だけ残るし、意味ないことやってもしょうがないよ」⇒「夢を実現できるのだから意味ないなんて事はないよ!」

ドリームキラーは総じて無責任です。あなたの判断を批判する一方で、あなたの選択に対して何か責任を取ってくれることもありません。

このような答えを自問自答することで強い意志に変えましょう。

 

関連記事

消費社会の現代「毎月あと5万給料がふえたらな…」「子育て中で外に働きに行けないし…」もう少し収入を増やしたいと思いませんか? 企業でも社員の副業を認める会社が増えてきましたが、実際に何から始めたらいいの?と立ち止まってしまいます。 […]

 

最期に

ドリームキラーはあなたの潜在意識にも存在します。

「自分には無理かも…」

「努力しても無駄かも…」

こんな自分自身でドリームキラーになってしまう事だけは避けましょう。

ドリームキラーに負けると現実主義者で、理想を語るけど何も行動しないつまらない大人になります。「安定」が大好きで「変化」が嫌いです。

誰かが自分を変えてくると思ってる人は、今以上に人生が好転することもありません(あなたのその希望は一生夢のままです)自分自身で現状維持マインドを打破し、今いるコンフォートゾーンから抜け出す一歩を踏み出しましょう。世の中を変えるのは常にあなたのような理想主義者です。

何かを掴む人は必ず行動を始めて、努力を継続していることを忘れないでください。

あなたにもきっと出来るはずです。

 

 

 

 

最新情報をチェックしよう!