30代以上にオススメのライブに 最高なパンツが激安だった。

 

「アラフォーのおっさんでも騒ぎたい」管理人のくんくんです。

2020年は新しい生活様式の初年度で、イベントがのきなみ中止に。

影響は私の好きなライブハウスにまで広がって、中止・延期の情報ばかりですね。

ハイスタ世代の私は、ライブハウスで騒ぐことでストレスを発散しているのでストレスが溜まる一方です。

皆さんは、ライブ用のパンツ何を履いてますか?
10代20代の若い世代はディッキーズの短パンがカラバリも豊富で人気ですが、30代以上になるとダボダボのディッキーズはおっさんが頑張ってる感があってイタイ・・・。

今までは、ジーパンやチノパンにTシャツといった格好でライブ参戦でしたが、ライブが終了後はTシャツは汗でベタベタ、ズボンも重くなってしまってました。Tシャツは会場で調達することができますが、パンツは行きかえりを考えると、トイレを占拠してまで履き替えるのは面倒です。

そこで条件を決めてライブパンツを探すことにしました。

希望の条件

 

①膝が出ないくらいの長さ
②すぐに乾く
③ポケットにチャックがついている
④無難なデザイン
⑤伸縮性がある
⑥耐久性がある
⑦低価格

①膝上の短パンでレギンスで対応する事もできますが、なるべく一枚でさらっと履きたいので、冬の移動を考えると長ズボンが最適。

②汗を大量にかくので、ライブ終了後にすぐに乾く速乾性の機能は必要。

③ライブ中に小さくともバッグは持ちたくないので、モッシュ・ダイブをしてもスマホや財布が落ちないように、ポケットにチャックがついていること。
ここまでの①~③は必須条件

④おっさんが履いて街を歩いても浮かない、無難なデザインであること。

⑤激しく動くので、伸縮性があると楽。

⑥モッシュで擦れるので耐久性にすぐれていること。

④~⑥はあると嬉しい機能です。

ワークマンのフィールドコア!

まずは登山用品を多く揃えるスポーツショップを探してみました。

探してみるとチャックのついてるパンツってなかなかないものですね。

①長さ②速乾④デザインの条件は直ぐにクリアするものに出会えましたが、チャックがない・・・おまけに価格が1.5万円以上するようなものは小遣い制のおっさんには厳しいです。

そこで目を付けたのが、最近キャンプウェアで話題のワークマン。

早速、家の近くのワークマンに突撃!
そこで見つけたのは【エアロストレッチ クライミングパンツ】注目のアイテムの揃うFieldCore (フィールドコア)シリーズの春夏物のパンツです。

①は長ズボンなので楽々クリア。

②も吸汗速乾のタグがあるのでOK。

③もフロント部分に3個所もチャック付きのポケットあり!おしりのポケットは左がボタン付で、右は何もなし。

④カラバリはブラック・サンドダークグリーンネイビーの4色で、無難にブラックを選択。ロゴも控えめなのが好感が持てます。(反射してしまってる部分がロゴになります)

⑤サイズはS/M/L/LLまで揃ってました。

履いてみた感じは、細身でぴったりとした履き心地

ぴったり履くのか、ワンサイズ上げて少しゆったりと履くのかは好みが分れそうです。

私はベルト無しで履きたかったので、ウエストに合わせてぴったりサイズを選択。

伸縮性もあり足上げも引っかかりがなくスムーズに動かせて、ストレスフリーです。ク

ライミングカットがどう影響してるかがよく解りませんが履き心地はとても良いです。

⑥耐久性に関しては不明。
⑦なんと税込みたったの1900円!という衝撃価格!

おまけにUVカットまでついてました。明るめの色をチョイスして、七分丈でカットして夏の野外フェスになんかにも良さそうです。

最期に

先日見つけた高額な登山用パンツと比べると、

防水・撥水性の面や裏地がないので防寒性など当然のように見劣りしますが、

何と言っても値段がたったの1900円なので十分過ぎます。

ライブハウス以外にも、キャンプ・バーベキュー・ランニング・低山の登山・自転車など外遊びの多くの場面で活躍できそうです。

 

最新情報をチェックしよう!